山形県生活協同組合連合会 お問い合わせ ホーム
県生協連の紹介 県生協連の活動 全員生協の概況と紹介 新着ニュース お知らせ リンク集 加入について
新着ニュース
 
山形県生協連企画委員会・やまがた保健生協・共立社天童生協
2008年1月9日「後期高齢者医療制度学習会(天童市)」報告
〜テーマ「後期高齢者医療制度学習会」ってなあに?〜
 

  山形県生協連(本部:山形市、伊藤寛会長)では、2008年4月より施行される「後期高齢者医療制度」についての学習会とこの制度の撤回・廃止を求める署名活動を全県で取り組んでいます。昨年開催した鶴岡、新庄、北村山での学習会は、この制度の問題点を理解するに従って大きな反響を起こしています。2008年1月9日、天童市南部公民館を会場に、この地域の生協の組合員、くらしたすけあいの会の会員、老人クラブの方々に呼びかけての開催でしたが、年明けすぐにもかかわらず37名の参加で開催できました。

  やまがた保健生協(本部:山県市)の南雲清専務が講師となり、約1時間半、「後期高齢者医療制度」についてわかりやすく講演いただきました。すでに市町村から案内パンフや市報などで告知されているというものの、ほとんどの市民には内容がよくわからずにいたというのが実態で、講師が「保険料の負担増だけでなく、健診や受診にも制限が加えられる」など重要な部分にふれる度に驚きの声が上がっていました。質疑の時間では、その点に質問が集中しました。最後にみなさんから、この制度の撤回・廃止を求める署名に協力いただき、熱のこもった学習会を終了しました。

<講演のポイント>
それは06年の医療制度改革法案で決められた
高齢者医療は、健康保持から医療費の適正化(削減)が最大の目的へ
後期高齢者医療制度とは?
75才以上は別建ての医療保険制度に強制加入。被用者保険の扶養家族の人も含め全員から死ぬまで保険料を徴収。
大変な負担増と差別医療がスタートする。
参院選の結果で揺れる政府。
しかし議論されているのは一部の単なる延期であって、廃止ではない。

天童会場の様子 天童会場の様子
天童会場の様子

<問い合わせ先> 山形県生協連 電話:023−686−6261

山形県生活協同組合連合会|〒990-2212山形市大字上柳67番1号