山形県生活協同組合連合会 お問い合わせ ホーム
県生協連の紹介 県生協連の活動 全員生協の概況と紹介 新着ニュース お知らせ リンク集 加入について
新着ニュース
 

生協共立社の山形地区4店舗(センター)でレジ袋無料配布を中止します
〜2008年7月実施に向けマイバック・マイバスケットの貸出を開始〜

 

 山形県生協連(本部:山形市)の会員の生協共立社(本部:山形市)が、2008年5月7日に、山形市との間で「山形市レジ袋削減協定」に調印しました。

 同生協では、7月1日から山形地区の4店舗のレジ袋の有料化を決定し準備に入りましたので紹介します。

 生協共立社では、以前から地球資源を守るためにレジ袋削減に取り組み、マイバスケットやマイバックの普及活動を進めております。その結果、2008年3月時点で、マイバスケットとマイバックの持参率が、全来店者比で47.6%となりました。このことは、多くの組合員に、活動への理解が高まった結果と評価しております。

 同生協では、7月1日からのレジ袋の有料化に向けて、以下のような取り組みを行うことにしています。

(1) 多くの来店者(組合員)にご理解をいただくために、こ〜ぷ委員会をはじめ、あらゆる機会でお知らせを行っていきます。またセンター(店)でもポスターやチラシでのお知らせを強めます。
 
(2) マイバスケット、マイバックの普及を強めていきます。忘れてきた方のために、すでに実施しているマイバスケットの貸し出しに加えて、5月末よりマイバックの貸し出しを始めます。マイバックの貸し出し時は有料となりますが、返却の際にお返しするような制度とします。
 
(3) 7月1日以降はレジ袋が必要な方へは有料でお求めいただくことになりますが、価格はサイズよって2〜3円と検討しています。今後、組合員による環境委員会などの論議を踏まえて決定していきます。
 
(4) 環境ポイントサービスを継続していきます。活動参加促進のためにおこなってきていますので、引き続き環境ポイントサービスを行い、レジ袋持参率をさらに高めていきます。毎月15日の環境ポイント2倍デー企画も継続します

 最後に、この地球資源を守る活動を成功させるために7月1日から7日までの1週間を“ノーレジ袋ウイーク”として全センターで取り組み、7月1日を環境ポイント2倍デーといたします。

☆生協共立社HPの関連記事はこちら

■問い合わせ先

 生協共立社 機関運営支援本部 電話:0235−22−5110

 

山形県生活協同組合連合会|〒990-2212山形市大字上柳67番1号