山形県生活協同組合連合会 お問い合わせ ホーム
県生協連の紹介 県生協連の活動 全員生協の概況と紹介 新着ニュース お知らせ リンク集 加入について
新着ニュース
 
6月15日(日)庄内町、22日(日)山形市に開催さる!
米作り体験・「田んぼの生き物調査」
 

<庄内町での取り組み>

 6月15日(日)、生協とあまるめ町農協提携「米づくり体験交流会」の第3回目「除草作業と田んぼの生き物調査」が28家族91名の参加で行なわれました。当日は朝9時に庄内町の阿部さんの田んぼに集合。初めにあまるめ町農協の営農指導員の相蘇さんより除草についての説明がありました。5月に田植えしてから28日目。田んぼにも小さな草が生えてきます。除草剤を使わず、手押し除草機を掛けることで水を濁らせ、また沈んでいく泥が草の上に積り、草の成長を止めます。又、皆が裸足で田んぼの中に入り動き回るだけでも、稲の根に新しい空気を送り稲を元気にするのだそうです。今は殆ど使われる事の無くなった手押し除草機ですが、農協の皆さんが何機か準備して下さり、皆交代で除草機体験をしました。その後、休憩を挟み、今年2回目になる「田んぼの生き物調査」です。置賜農協の「田んぼの生き物調査」インストラクター、目黒さんと高橋さんの指示に従い始めは田んぼの中の生き物を調べます。田んぼから取った土をトレーに入れ、水を注ぐとイトミミズや、ミジンコなど小さな虫達がいっぱい。この小さな虫達が田んぼを肥やし、オタマジャクシやヤゴなど害虫を食べてくれる大きな虫達の餌になります。

 次は講師曰く、本日のメインイベント田んぼの周りの生き物調査です。皆、バケツや虫捕りアミを手に田んぼの周りの水路などで虫採集。子供も、そして大人も真剣です。小さなイナゴや殿様ガエル、カニ、カワニナなどでバケツの中を満杯にして皆楽しそうでした。ほんの数時間ではありましたが、「子供の顔が変わった。蛙も触れるようになった。」と喜んでいるお母さんもいました。(その後、泣く泣く虫達を田んぼに返してあげていました。)

 最後に講師が「殿様ガエルには吸盤が無いので、深い水路にはいない。かえるは田んぼに水が入ってから卵を産む。だから、人間がちゃんと田んぼを作らないとかえるは卵を産めない。」と云っていました。人間がちゃんと田んぼを作り、虫達が田んぼを肥やし美味しいお米が出来ます。そして最後に、私達消費者が地元の美味しいお米を食べる事が、田んぼや虫達を守る一番大切な事ではないかな、と思いました。(報告:組織部 土田光恵)

 

<山形市での取り組み>

 6月22日(日)、「田んぼの生き物調査」を行いました。山形生協では初めての取り組みで、親子32名が参加しました。講師は、山形おきたま産直センターの渡沢さん。(山形おきたま産直センターさんでは、2006年よりこの調査に取り組み、有機栽培技術に役立てるだけでなく、食農教育・消費者や地域住民との交流も行っているそうです。)

 初めに、渡沢さんから「田んぼは何を作っている?」と参加者へ質問。「お米」「麦」などの答えがでました。田んぼは生き物を育て、酸素を作っているというお話しから、今回の「田んぼの生き物調査」の目的を説明して下さいました。

 いよいよ調査開始です。5月におこなった田植え以来、久しぶりの田んぼです。みんなで植えた苗もちょっと大きくなっていました。みんなで手植えした苗は、あらためて見ると実に個性的…。(講師:渡沢さん談)

 まず、田んぼの泥の中にいる生き物を調べます。アミで田んぼの泥をすくい、水と一緒に白いトレーにいれ、生き物たちが動き出すまで静かに待ちます。少したつとトレーの中ではちいさな生き物が動きだします。とても小さいので、虫眼鏡を使い、図鑑を見ながら、生き物の種類を調べていきます。「コレは何の虫!?」初めてみる生き物ばかりです。大人も子どももトレーの中で動き回っている小さな生き物を真剣に目でおいかけます。なかなか見分けのつかない虫たちですが、渡沢さんが子ども達に虫の特徴を説明して下さり、ミジンコ、チビゲンゴロウ、ガムシの幼虫などなど…、たくさんの生き物が見つかりました。田んぼ周辺からも小さな緑色のいなごの幼虫やチョウやクモなど、色んな虫が見つかりました。足の生えてきたおたまじゃくしもいて、はじめてみる大きなおたまじゃくしに、子どもたちも大喜びです。

 最後に、どんな生き物を見つけたのかを発表。あらためて、田んぼの役割・生き物たちの役割を感じ取る事ができました。次回の「秋の稲かり」を楽しみにしつつ、生きもの調査は終了となりました。

●参加者感想

  • 田んぼの土の中には、みた事のない小さな生き物がたくさんいてビックリしました。
  • 参加させて頂いて、子どもはととても楽しかった、面白かったと言っています。私もたくさんの生き物が田んぼにいるという事でびっくりしました。
  • 田んぼにこんなにちいさなむしがいっぱいいるなんて、はじめてしったよ。
  • 生きもののにげあしが早くてつかまえられなかった。だからくやしかった。
  • おたまじゃくしがいたよ。みじんこがいたよ。ひらまきみずまいまいがいたよ。
  • はじめてみた大きなおたまじゃくしに感動したようでした。良い体験をさせていただき、ありがとうございました。
  • 思いのほか田んぼの中に生きものがたくさんいた事に驚きました。ミジンコ等、何十年ぶりに見て、東京の小さな川にミジンコをとって、金魚の餌にした事を思い出しました。暑い中、皆さん熱心に調査・観察なさり、参加の子どもさんの興味津々の目の輝きが印象的でした。
山形県生活協同組合連合会|〒990-2212山形市大字上柳67番1号