山形県生活協同組合連合会 お問い合わせ ホーム
県生協連の紹介 県生協連の活動 全員生協の概況と紹介 新着ニュース お知らせ リンク集 加入について
新着ニュース
 
山形県の総合防災訓練が行われる。
県生協連も「緊急物資輸送訓練」に参加
 

 9月7日(日)に時折小雨が降る中、山形県と南陽市の合同総合防災訓練が南陽市の赤湯中学校周辺を会場に行われました。消防や警察のほか、病院関係者など県内外の55団体から約1700人が参加し、災害が発生した際の迅速な対応を実演しました。

 午前9時に、「長井盆地西縁断層帯を震源域とするマグニチュード7・7と推定される地震が発生し、南陽市内は震度6強を記録し、4千戸を超す家屋が全半壊、600人を超す市民が死傷した」と想定した訓練が開始されました。地震発生直後に災害対策本部を設置して、広報訓練・報道対応訓練を行ったほか、ボランティア支援本部設置訓練や映像伝送訓練も行いました。

 また、発災型対応訓練では、倒壊した建物や事故車両などからの救出・救護、初期消火、道路をふさいでいる倒木の除去訓練など、約20項目の訓練に取り組みました。

 赤湯小学校周辺では、エルピーガス遺漏対応訓練や給食・給水訓練を展開、さらに市内の山林で火災が発生したと仮定し、山林火災の防御訓練なども行いました。

 赤湯めんごキッズ館駐車場では、緊急物資輸送訓練が行われ、緊急物資輸送車による輸送訓練が行われ、県生協連の多田芳則事務局長が参加しました(写真)。

 その後、医療救護訓練、避難所開設訓練、非難誘導訓練が行われ、無事12時に終了しました。

 

山形県生活協同組合連合会|〒990-2212山形市大字上柳67番1号