山形県生活協同組合連合会 お問い合わせ ホーム
県生協連の紹介 県生協連の活動 全員生協の概況と紹介 新着ニュース お知らせ リンク集 加入について
新着ニュース
 
「冬の兵士」山形証言集会にご参加を
 

 イラク戦争開戦から5年目の2008年3月、反戦イラク帰還兵の会(IVAW)がイラクからの軍の即時撤退を求めてワシントンDC近郊で証言集会を開催。約50人の帰還兵がイラクでの戦場体験を証言しました。1971年ベトナム戦争時に、「Winter Soldier(冬の兵士)」という名称の証言集会が行われました。帰還兵たちがベトナムでの残虐行為を告発し、軍の撤退を要求。戦争終結に世論を導いたことにならい、今回の証言集会も「冬の兵士」と名付けられました。

 「冬の兵士」集会では、イラクで最前線に立った兵士自らが手を下し、あるいは目撃した残虐行為を語りました。イラク占領において米軍が罪のない民間人を虐殺した事例は、アルジャジーラなどの報道や人権団体等による調査報告がありますが、アメリカではほとんど一般には知られていません。

 「イラクでの体験を語ることで、事実を知らない人々に戦争の真実を知らせ、占領を終わらせる」ことが、「冬の兵士」の闘いなのです。

 イラク戦争の実態を伝える証言集の邦訳『冬の兵士 イラク・アフガン帰還兵が語る戦場の真実』が岩波書店から2009年8月に出版されました。その出版を記念し、帰還兵による「冬の兵士」日本ツアーが2009年9月に企画されました。その集会で、大手メディアで誤爆と報道される無辜のイラク市民の死の背景が、「冬の兵士」の帰還兵から明かされました。

 今春、東北でも証言集会を企画したいと連絡したところ、2010年10月5日から、二人の帰還兵が東北と関東各地を旅することになりました。こういう機会はめったにありません。イラク・アフガニスタン戦争の現実について、生の戦争体験を聞く機会としていただきたいと思っています。

 是非、ご参加下さい。

 ☆冬の兵士やまがた集会チラシはこちら【PDF:633KB】

山形証言集会 10月6日(水)

昼の部 13時30分〜16時
遊学館2階ホール
夜の部 18時〜20時
大手門パルズ3階「葵」

※「冬の兵士・リレー証言集会」日程表

・10月5日(火)
仙台市
・10月6日(水) 山形市
・10月7日(木) 福島市
・10月8日(金) 秋田市
・10月9日(土) 盛岡市・北上市
・10月10日(日) 藤崎町
・10月11日(月) 千葉市
・10月12日(火) さいたま市
 
 
山形県生活協同組合連合会|〒990-2212山形市大字上柳67番1号
ホーム お問い合わせ