山形県生活協同組合連合会 お問い合わせ ホーム
県生協連の紹介 県生協連の活動 全員生協の概況と紹介 新着ニュース お知らせ リンク集 加入について
新着ニュース
 

2011 ユニセフやまがたのつどいを開催

〜大石田町地福寺の宇野全匡さんのお話に感激〜

 

 「2011 ユニセフやまがたのつどい」が11月4日(金)に山形市保健センター(霞城セントラル3階)で開催され、県内各地から76名が参加しました。この「ユニセフのつどい」は、ユニセフへの理解と関心を高め楽しく交流しよう、と山形県生協連が主催して毎年開催しています。

【山形市保健センター(霞城セントラル3階)で開催】

 はじめに、宮城県ユニセフ協会の五十嵐栄子さんから、今回の東日本大震災によって50年ぶりに日本国内で行なわれたユニセフ支援活動について報告がありました。

 ユニセフは、東日本大震災直後より、緊急・復興支援において、次のような取り組みを行いました。

(1)緊急救援物資の調達・配布

 3月19日、ユニセフの支援物資第1便として飲料20トンが宮城県に到着し、その後も水、紙おむつ、お尻ふき、子ども用肌着、靴、玩具などを国内の支援企業やユニセフ物資供給センターの協力を得て調達。長年にわたるユニセフのパートナーであり、既に被災各地の避難所などへの物流ルートを確立していた被災地の生活協同組合等の協力によって、迅速に輸送・配布することできました。

(2)子どもにやさしい空間

 大きな災害を経験し、非日常の中にいる子どもたちは、みな心にストレスや恐怖を抱えています。それが深い心の傷となる前に、一刻も早く心理社会的な支援(心のケア)を始めることが重要です。日本ユニセフ協会は、子どもたちが安心できる場所で、遊びや周囲の人々とのかかわりの中で心を開放できるよう、各地の避難所で『子どもにやさしい空間』づくりを進めました。

(3)『バック・トゥ・スクール(学校へ戻ろう)』キャンペーン

 学校の再開は、子どもたちの“日常”の復興の第一歩です。4月の入学式・始業式に向けて、学校再開への様々な取り組みがおこなわれました。まず授業の再開に不可欠な文房具などの学用品を岩手県では被災した小中学校に在籍する全生徒に、宮城県でも73校の小中学校の生徒に、合計2万セットを届け、また、パソコンやプリンターなど先生方が必要とする機器類、学校活動再開に必要な机・椅子などの備品を100校を超える小中学校に提供しました。

(4)『ちっちゃな図書館』プロジェクト

 被災した子どもたちが一刻も早く心の平穏を取り戻すことができるよう、「絵本」と「笑顔」を届けようと始まった支援プロジェクト。日本全国に絵本の寄贈を呼びかけると、続々と寄せられた絵本や児童書、紙芝居、そして被災地を応援する気持ち。それらを対象年齢に合わせたミニ図書館セットにして、避難所や小・中学校、幼稚園、保育園、そして子どものいる家庭へと届けています。3月26日に呼びかけをスタートしてから約2ヶ月半、すでに13万冊の図書が被災地に届けられました。

(5)ユニセフこどもバス遠足

 岩手県、福島県では、子どもたちの心のケアの一貫として、避難生活を贈る子どもたちや原発事故の影響で外遊びの出来ない子どもたちを対象に、安全な場所で思いっきり外遊びを楽しむバス遠足を実施しています。

(6)プレイセラピー講習の拡大展開

 震災が起こったその日、日本ユニセフ協会が発信したのは、「子どもたちの近くに寄り添うこと。子どもの言うことに耳を傾けること。子どもたちが安全に過ごせる、子どもに優しい空間を作ること。子どものためのおもちゃなどを用意し、子どもたちが遊ぶよう勇気づけること」といった、家庭でできる子どものための心のケアのヒントでした。

(7)乳幼児健診、予防接種の本格的な再開

 5月〜6月にかけて、ようやく被災地各地での乳幼児健診・予防接種が本格的に再開され始めました。緊急救命の医療が優先される中で、幼い子どもを抱えるお母さんたちは、こうした健診を待ち望んでいました。日本ユニセフ協会は、必要な機器類(診療用具、身長・体重計など)、ワクチンや保冷庫、医師や保健師の巡回のための車両などを提供して、母子保健行政のサポートをしています。

(8)子どもに優しい幼稚園、保育園の建設支援

 日本ユニセフ協会は、宮城県と岩手県の被災地の自治体からの要請を受け、保育園や幼稚園等の仮設園舎の建設や大規模な修繕のための支援活動を展開しています。

 お昼には、おなじみの「ネパールカレー」と「サーデコアル(簡単なじゃがいも料理)」が振舞われました。これは山形市内の「ぶどうの家」の手作りによるもので、スパイスの効いたカレーですが、辛さは初心者むけに優しい味に仕上がって、美味しく好評でした。そのほか、「ネパール紅茶」やぶどう家特製の「クッキー」も振舞われました。なお、お昼代の500円は材料費を抜いた分をユニセフ募金といたしました。

 また、今年は同時開催として、宮城県ユニセフ協会作成の写真パネル「東日本大震災」展示や、ユニセフグッズ販売なども行われました。

 午後はメイン企画として、大石田町地福寺住職の宇野全匡さんに「ネパール・ズビン村の自立創造を支援」と題して、お話をしていただきました。

 一人のジャナリストが、1996年にネパール・ズビン村にたどり着いた理由。そこでの一人の青年クナシュリとの出会い。村をより住み易くしたいという願いを叶えるために、日本で学ばせようとして経緯。そして、日本でのホームシティ先として選ばれたのが、山形県大石田町鷹巣地区の地福寺だったこと。そして、そこからズビン村の人々の経済的・精神科的自立を目標として、1997年から支援が始まったこと。そして、それ以降、毎年二人ずつの青年を受け入れていること。支援にかかわる人々全員が、学びあい与え合って、成長していく様子を、仏教の講話を交えながら、お話をしていただきました。宇野全匡住職の心に響くお話に、皆さん時間を経つのも忘れ、聴き入っていました。

【ネパールから毎年二人の留学生を受け入れて育成】

 最後に、県連の大友廣和専務より、今年のユニセフ活動について報告があり、ハンド・イン・ハンドや募金の目標達成について提案されました。そして、西置賜生協の鈴木敦子さんより「宇野住職のお話を聞き、檀那(ダーナ)という言葉が、喜びの心をもって他人に財物などを施すこととわかり、ユニセフ活動にも通じることだと思いました」と閉会の挨拶があり、ユニセフのつどいを終えました。

<参加者の感想文より>

【ユニセフの東日本大震災支援について】

  • 五十嵐栄子さんの震災支援のお話を聞き、このたびの地震、そして津波の恐ろしさをあらためて感じました。私達JAおよびIAグループで今後も支援して行きたいと思います。昼に食べた「ネパールカレーとじゃがいも料理」は心がこもったおいしい料理でした。ごちそうさまでした。今日のユニセフやまがたのつどいでユニセフ活動、支援の重要さを学ばせていただきました。
  • 今までのつどいと違い、心地よい環境のもとで行われ、よかったと思います。東日本大震災地の爪跡をパネルで見せてもらえてよかった。ユニセフの活動が国外だけでなく日本国内の活動が今年はできたこと、身近なところからの活動を紹介してもらえたこと、本当によかったと思います。宇野さんのお話、とてもためになり、いろいろ考えさせられてよかったです。ありがとうございました。
  • 東日本大震災での具体的なユニセフのお話をきけて、大変よかった。ユニセフのこと、よく理解してない所がありましたが、大変良い話しを伺い、今後の私の生活に大事にしていきたいと思います。
  • 広い会場で展示物もゆっくり見ることが出来てよかった。ユニセフの活動も、宇野住職の活動も驚くばかりです。私達も生協を通じて出来ることからどんどんやっていきたいです。子供の頃ミルクを頂いてユニセフにお世話になったお礼だとユニセフ募金に協力をお願いしていました。50年後またしても日本がお世話になったのだと感慨深く思いました。ユニセフ募金に協力していただく時、うんと強調したいものです。
  • 五十嵐栄子さん、宇野全匡さん、講演大変ありがとうございました。色々と参考にさせていただきます。
  • 会場は広く、駅近くで便利で良かった。ユニセフの支援活動も日本では50年ぶりとの事、報告を受けユニセフが身近になりました。午後の住職の話も実体験に基づき、また仏教の教えも含めての支援の有り方をありがとうございました。
  • ユニセフの支援で今の命があることに感謝します。生協に加入しております。小二で終戦の日を広島で迎えた私は、チャンスがあるごとにユニセフのおかげを話してます。もっともっとまずかった(口に合わなかった)給食支援を受けて、今があり、支援出来る現在、出来るだけの輪を広げたいものです。

【地福寺住職 宇野全匡さんのお話】

  • つどいは大変有意義なものでした。宇野全匡住職のお話は感動しました。ユニセフの活動の意義も再確認できました。できる協力はしたいと思っています。
  • ユニセフの活動に参加する様になったのは生協の活動の中で自然に出来ていました。直接の活動にはなかなかで、呼びかけに応じての参加ですが、これからも出来る事で参加して行きたいと思います。今日の宇野全匡住職のお話は自分の生き方を見直す機会になりました。
  • 宇野全匡住職さんのお話は目からウロコでした。ありがとうございました。
  • 大石田の宇野全匡住職の話、大変面白く参考になりました。ネパールの食事とネパールの青年たち、とっても良かったです。今後の一層の活動を期待しています。「下降の比較」の他に「上の比較」もあるのではないかと思います。
  • 大石田町地福寺住職のお話は大変良かったです。
  • 食事、カレーちょっとからかったがおいしかった。ユニセフのつどいに初めて参加させてもらいました。大石田町の寺の住職の宇野全匡さんのネパールのズビン村のお話とてもすてきでした。又宇野さんがネパールから二人の留学生を毎年受け入れて育成されていらっしゃるとのこと、すばらしいです。
  • 大石田町地福寺住職宇野全匡さんのお話、心の奥底までに深く考えさせられました。大震災の後7ヶ月「即今。いまはじめて。」すばらしい話を聞かせて頂きありがとうございました。
  • 身近なところへのユニセフからの支援に感謝いたします。宇野さんの講話を学校できいてみたいと思っています。健康に気をつけて活躍されて下さることを心から祈っております。
  • すばらしい講話をありがとうございました。
  • 今までの中で一番内容が良かったです。宇野さんのお話はとても良かったですし、カレーもおいしかった。来て良かった〜と思えるつどいでした。ありがとうございました。
  • 宇野全匡氏の講演会とてもすばらしかったです。充実した1日でした。
  • また、ぜひ宇野住職さんの話を聞きたい!来年のつどいがもし鶴岡会場ならば、ぜひ鶴岡近郊の組合員さん達に聞かせたいのです。
  • 今日もカレー、じゃがいも料理おいしかったです。地福寺住職の宇野全匡さんのお話しと活動にとても感動しました。3月11日以降の日本はとても変になっていると感じています。お話の中の「下降の比較」にとても納得できました。私は自分の頭で考え行動する事をまたがんばろうと力がわいてきました。

【ユニセフ活動について】

  • 今回のユニセフのつどい内容は大変ためになりました。昼食もおいしかったです。次回も今日のような内容であれば良いと思います。
  • ユニセフ活動について、こんなにもすばらしい活動していることは知りませんでした。「やまがたのつどい」に参加出来て大変勉強になりました。皆様の活動に頭が下がります。
  • 25年ほど前、教職員組合、校長会、PTAが全県的にユニセフ子供募金を始めたことがありました。今はどうなっているのか知りませんが、当時は戦後の欠乏の時代、ユニセフから支援を受けた記憶が残っている年代が多数ありました。全世界が助けあう事業に全面的に賛意を覚え、協力を惜しみません。
  • ユニセフのつどいにはじめて参加しました。いくらかでもユニセフの活動を知ることが出きました。ユニセフから日本への支援があること、大変な災害だったのだなと、改めて感じました。
  • 世界では1ドルで暮らしてる食事にもありつけない人達が難病に何人が亡くなってると云うニュースを見るにつけ、自分の立場で心して協力したいと思います。
  • ユニセフ活動の話は大ざっぱには知っているつもりですが、私達身近にもお世話になってる事を知りました。もっとユニセフの事を知り勉強したいと思いました。今日すばらしいお話お聞きしました。本当にありがとうございました。
  • 初めて参加しました。今後は多数の方々にも参加していただきたいと思いました。
  • 初めて参加させて頂きました。ユニセフ活動には以前から興味は持っていましたが、こんな集まりがあったとは・・・、このままで大変すばらしい、来年もよろしく・・・。
  • 会場、料理大変満足致しました。今後も積極的に参加を行っていきたいと思います。
  • 多彩な内容でとても充実した一日をすごすことができました。ありがとうございました。「ぶどうの家」のご協力は、買う人、買ってもらう方が暖かくなることができました。その地域毎での工夫をおしえられました。
  • 今日はとても良いお話を聞かせていただきました。山形市保健センターの場所も来やすいので良かったのですが、次回ユニセフについてネパールの子供達の生活などについてのDVD上映などを見たいです。
  • 初めて参加させていただきました。参加者がもっといるのかなと思いました。今年は寄付の連続で、主旨はおおいに理解できても、心の重さを感じます。
  • ユニセフの活動をされている方ごくろうさまです。少しの金額を送っていますが、それしかできません。これからも送金をしたいと思いました。
  • 午後は「護憲大会」にでなければなりませんので、今日のスケジュールのどこかで触れるのかも知りませんが、ユニセフの運動全体の中で「原発と子ども」の問題をどう考えるのか、一部の子どもの問題としてではなく、「子どもの未来」の問題として触れるべきではないでしょうか。的はずれだったらご免なさい。
  • ユニセフという言葉や、黒柳徹子さんやアグネスチャンさん達の電気もなく生きる事さえままならない国への支援、身近な大石田の住職さんの活動をなさっている事を知り、又、活動を知り、茶のみ友人達にも今日学習した事を茶受けに語り合うようにしたいと思います。
  • ユニセフの具体的な活動をあまりよく知らなかったので、今日参加出来る事で世界的な活動しておられる事に感動しました。
  • 新庄生協です。年2回食事をしながらグランドゴルフをしてユニセフに募金させてもらっています。少ないですけどいくらかでも役に立てば良いと思い募金しています
  • 毎回班会議をしています(毎週水)皆で食事会もしています。ユニセフ募金では年2回グランドゴルフ大会をして募金をしています
  • 毎週第二水曜日9:30〜11:30頃迄班会等つどいのような集まりをしている。班長自宅で時々食事会、又は軽スポーツ、大変楽しい15名の班です。ユニセフ活動は年2回のグランドゴルフ募金大会を町内会、こ〜ぷ委員会、外他区民合同で楽しく続けています。外イベントは出来るだけ参加しています。
  • 来年の企画は、地球のステージライブ公演はいかがですか?
 
 
山形県生活協同組合連合会|〒990-2212山形市大字上柳67番1号
ホーム お問い合わせ