山形県生活協同組合連合会 お問い合わせ ホーム
県生協連の紹介 県生協連の活動 全員生協の概況と紹介 新着ニュース お知らせ リンク集 加入について
新着ニュース
 

2012国際協同組合年スタート

300人の参加でキックオフイベントを開催

 

 1月13日午後2時30分より、東京の国連大学「ウ・タント国際会議場」において、2012国際協同組合年全国実行委員会の主催による「キックオフイベント」が開催されました。

 全国実行委員会の内橋克人代表は「東日本大震災で亡くなった方々、被災した方々を思うと新年のあいさつはできません。被災地に常駐し、心を通わせ活動している協同組合の方々の活動に勇気付けられています。現在の日本は、雇用・労働が解体され、非正規が約4割を占める貧困社会になっています。協同組合は、安心社会を再構築するため、雇用・労働の社会統合に取り組まなければなりません」と協同組合の使命を訴えかけました。

 この後、パン・ギムン国連事務総長のビデオメッセージの紹介、全国実行委員会から「国際協同組合年概要報告」がされ、各地方の実行委員会の取組みについて、福島県、広島県、岡山県の活動報告がありました。

 休憩をはさんで、「これからも協同組合がよりよい社会を築けるか」と題して、パネルディスカッションが行われました。パネリストは生源寺眞一氏(名古屋大学教授)、堀田力氏(さわやか財団理事長)、小川泰子氏(社会福祉法人いきいき福祉会)がつとめました。

 生源寺眞一氏は、「協同組合のひとつの価値が、他者への配慮にあり、組合員の共助のための組織としての協同組合は、それ自体として社会全体の福祉の向上につながる。」と指摘。

 堀田力氏は「協同組合として、公益活動の位置づけをはっきりさせよう。協同組合間の連携を強め、NPO・公益法人のネットワークに参加しよう」と指摘。

 小川泰子氏は、「確かな情報を手にするために市民メディアを創ろう。協同組合内でのワークの多様化を進めよう」と指摘しました。

 最後に、浅田克己副代表(日生協会長)が、「2012年協同組合年は『スタートの年』であり、これを契機に、協同組合が新たな社会のあり方をともに模索し、貢献したい」と閉会のあいさつを述べ、終了しました。

 山形県生協連の大友専務理事が、このイベントに参加しました。

 
 
山形県生活協同組合連合会|〒990-2212山形市大字上柳67番1号
ホーム お問い合わせ