山形県生活協同組合連合会 お問い合わせ ホーム
県生協連の紹介 県生協連の活動 全員生協の概況と紹介 新着ニュース お知らせ リンク集 加入について
新着ニュース
 

第90回国際協同組合デー記念中央集会を開催

協同組合の社会的役割と存在意義を確認

 

 7月18日、日本協同組合連絡協議会(JJC)と国際協同組合年(IYC)全国実行委員会は東京都中野区の「なかのZERO大ホール」で第90回国際協同組合デー記念中央集会を開催し、農業協同組合や生活協同組合、漁業協同組合などから約1,000人が参加しました。

 初めに、IYC実行委員会副代表の萬歳章氏(JA全中会長)が「協同組合が社会、経済に貢献していることについて認知度を上げられるよう、本日の地域貢献コンテストの表彰を通して取り組みたい」と開会の挨拶を述べました。その後、ICAのメッセージの朗読と藤村官房長官の祝辞の紹介がありました。

 次に、IYC実行委員会代表で経済評論家の内橋克人氏は「協同組合年を一つのテコとして協同組合の社会的な役割を自覚すべきだ。私は次の3つの点を強調したい。一つは「協同組合はよりよい社会をつくる」ことを目指していること。二つ目に「どういうよりよい社会をめざす」のかという考え方や主張を明確に述べること。三つ目に「よりよい社会の実現」のために、政治のあり方をどう変えるべきなのか考えること。そして、現在の危機に瀕した日本社会を変え、人間が人間らしく生きることのできる社会を実現するために、私たちが正しいと思うことをはっきりと社会に示し、行動しましょう」と述べ、協同組合活動の実践の強化を呼びかけました。

 また、今年が国際協同組合年であることから初めて行った「協同組合地域貢献コンテスト」の結果を発表しました。地域貢献コンテストには215件の応募があり、次の4団体が最優秀賞を受賞しました。

  • 野付漁業協同組合(北海道)・・・植樹を通じた環境保全活動と生協との産直交流
  • ワーカーズコレクティブ ネットワーク ジャパン(東京都)・・・ワーカーズコレクティブが各地で展開している実践
  • 佐賀県協同組合女性連絡会(佐賀県)・・・佐賀県協同組合女性連絡会の20年間継続してきた環境測定調査活動

  • 生活協同組合コープおきなわ(沖縄県)・・・地域の困りごとを地産地消で解決する『地域起こしプロジェクト』

 続いて、シンポジウム「協同組合白熱教室」(集団討論会)で、「協同組合の存在意義・社会的役割」について議論しました。

 シンポジウムは、20、30代の協同組合組織の若手職員が30人がステージ上に並び、千葉大学大学院の小林正弥教授の問いに答える形で議論を展開しました。質問の合間に、会場からの発言も求め、双方向での議論の展開となりました。

 まず、最初の質問は「あなたは、農協の地域の活動担当職員です。地域の子供たちを集めて、田植えなどの食農教育を行おうとしています。これに対し、そんなことはやらずに、農機具を1円でも安くしろという意見が出ました。あなたはどう対応しますか」という質問です。これに対し、「協同組合の役割を話し合う」「未来の組合員のための活動と説得する」など、参加者全員が話し合って理解を得るとの方向で一致しました。

 次に「ある協同組合が社会貢献の実践としてスーダンの子どもたちに5億円を寄付する方向だが、当組織は出資配当を行っておらず、財務状況からみて相当な額となる。どう考えますか」。

 参加者からは「組合員と議論されているかどうかが大切」「総意であればやるべきだ」との意見や、「事業の屋台骨が揺るがなければやるべきだ」「事業活動の継続が基本であり、5億円は多額過ぎる」などさまざまな意見が出ました。協同組合の事業運営の側面と地域貢献の側面からの真剣な意見の展開となりました。また、東日本大震災への支援の話も交えながら議論しました。「義援金だけでない協同組合だからできる人的支援などを考えるべきだ」「人と人をつなぐのが協同組合の使命だ」との意見も出ました。

 「脱原発を協同組合として声明を出すべきかどうか」の問いではまず、理事会と組合員が真剣に議論する必要性を指摘する声が多く上がりました。

 小林教授はまとめで「事業だけでなくコミュニティーの中で、どう組織が貢献できるか。その舞台が地域なのか、日本なのか、世界なのかをしっかりと考える必要がある。まず議論し行動することが大切だ」とアドバイスし、各組織が徹底的に話し合い、その必要性を共有、行動することの重要性を指摘しました。

 閉会の挨拶で、IYC実行委員会副代表の浅田克己氏(日本生協連会長)は、「協同組合として地域貢献活動の実績を積み重ねることが使命。それが協同組合の存在意義を高めることにつながる」と強調しました。

 
 
山形県生活協同組合連合会|〒990-2212山形市大字上柳67番1号
ホーム お問い合わせ