山形県生活協同組合連合会 お問い合わせ ホーム
県生協連の紹介 県生協連の活動 全員生協の概況と紹介 新着ニュース お知らせ リンク集 加入について
新着ニュース
 

山形県と生協共立社、生活クラブやまがた生協が

「地域の見守り活動に関する協定」を締結

 

 1月20日(月)山形県庁5階501会議室において、山形県と生活協同組合共立社、生活クラブやまがた生活協同組合、山形県ヤクルト協会の三者が「地域の見守り活動に関する協定」の締結式をおこないました。

 山形県は、日頃から地域住民と接する機会の多い民間事業者と協定を結んでおり、これまでに4つの団体(山形新聞社・山形新聞親交会、山形県エルピーガス協会、日本郵便東北支社、ヤマト運輸山形主管支店)と協定を結んでいます。

 山形県からは、吉村美栄子県知事はじめ3名、生協共立社からは松本政裕理事長と廣部公子副理事長、生活クラブやまがた生協からは長谷部玲子理事長と三身隆雄副理事長、山形県ヤクルト協会からは佐藤恒冶会長はじめ3名。また、この度の協定締結に関し、山形県との折衝に当たった山形県生協連から、菅井道也副会長、大友廣和専務理事、松本弘道常務理事が出席しました。

 開会の挨拶と出席者の紹介の後、太田健康福祉企画課長より協定書の概要説明があり、協定の具体的内容が記されている2条の2項「甲は、日常の配達業務において、不在時に配達した商品が受け取られず放置されたままとなっている、玄関や郵便受けに新聞や郵便物が溜まっている、洗濯物が取り込まれていないなど、住民の日常生活に異変を感じた場合は、速やかに市町村に連絡するものとする。ただし、緊急の対応を要する場合は、警察等へ通報するものとし、あわせてその状況を市町村へ連絡するものとする」が紹介されました。

 その後、吉村知事と生協共立社の松本理事長、生活クラブやまがた生協の長谷部理事長、山形県ヤクルト協会の佐藤会長が協定書に署名を行い、協定締結となりました。

 それぞれの団体の記念撮影の後、吉村県知事が「日頃から地域住民のもとに商品を届け、信頼関係を築いている団体の皆さんと、この様な協定を結べたことは大変有意義なありがたいことだと思っています。山形県では高齢化が進んでいる地域もありますので、住民の異変にいち早く気づき、直ぐに連絡をもらえるという関係を、皆さんと共に、重層的に築いていきたいと思います。これからも、見守りの輪が一層広がるようにご協力をお願いします」と挨拶しました。

 また、事業者を代表して共立社の松本理事長が「共立社では山形県生協連の仲間と共に、“いつまでも住み続けられるまちづくりをめざして”をスローガンに、様々な取り組みを行っています。本日の協定を踏まえ、地域社会の一員として、地域の行政、様々な団体と共に山形県民のくらしと地域社会にお役立ちが出来ればと思います。共立社では、これまでにも訪問先やご近所の一人暮らしの高齢者の異変に気づいて対応し、一命を取り留めることができた事例が数件あります。これからも、たすけあい、ささえあい、わかちあいの精神でくらしの安心が広まるように努力してまいります」と挨拶し、締結式を終えました。

生協共立社との協定締結 生活クラブやまがた生協との協定締結
 
 
山形県生活協同組合連合会|〒990-2212山形市大字上柳67番1号
ホーム お問い合わせ