山形県生活協同組合連合会 お問い合わせ ホーム
県生協連の紹介 県生協連の活動 全員生協の概況と紹介 新着ニュース お知らせ リンク集 加入について
新着ニュース
 

2014年度北海道・東北地区行政・生協連絡会議を秋田県で開催

〜ホテルメトロポリタン秋田で7道県行政と生協連の担当者が会合〜

 

 北海道・東北地区の7道県の行政の生協担当者と生協連とで、年1回開催する「2014年度行政・生協連絡会議」が、2014年10月16日、ホテルメトロポリタン秋田を会場に開催されました。

板東久美子長官

 この会合は、この地区の道県と生協連が持ち回りで主催県となり開催されてきています。今回は秋田県と秋田県生協連との主催で開催されたものです。行政から18、生協から24名、あわせて42名の参加でした。

 連絡会議は10月16日13時30分に開会され、佐々木誠秋田県生活環境部部長と大川功秋田県生協連会長、東北厚生局家田康典健康福祉課課長から主催者挨拶をいただいた後、板東久美子消費者庁長官より「消費者の安全・安心の確保と、消費者教育の推進について」と題して講演がありました。

 板東長官は「消費者安心戦略」を国民一人ひとりの立場に立って一層推進するため、消費者庁創設後5年間の活動総点検を踏まえ、消費者にとって「身近」で「頼りになる」消費者行政を「見える化」し政策実現力を強化すること目指すとし、高齢者の消費者被害への対応を中心に消費生活の安全・安心の確保、消費者教育の推進についての消費者庁の取り組みを紹介しました。

 その後、秋田県県民生活課の六澤恵理子副主幹より「秋田県の現状と消費者教育について」報告、秋田県生協連の倉田秀昭常務より「秋田県生協連の取組みについて」報告、日本生協連の伊藤治郎渉外広報本部長より「全国の生協の取組みについて」報告、宮城県生協連の野崎和夫専務より「被災者生活再建支援制度の拡充を求める署名の取組みについて」報告がありました。

 その後、7道県から、「消費生活の安全・安心の確保、消費者教育の推進について〜行政と生協の協働した取り組み」をテーマに情報交換がありました。最後に、来年度の開催県を「青森県」にお願いすることを確認して閉会いたしました。

 
 
山形県生活協同組合連合会|〒990-2212山形市大字上柳67番1号
ホーム お問い合わせ