山形県生活協同組合連合会 お問い合わせ ホーム
県生協連の紹介 県生協連の活動 全員生協の概況と紹介 新着ニュース お知らせ リンク集 加入について
新着ニュース
 

東北経済産業局へ家庭用灯油の要請

 
石森武博課長(右)に要請書を提出するいわて生協小山田理事(左)

 10月23日、東北6県の生協連の代表が、東北経済産業局に、灯油の安定供給と適正価格に関する要請行動を行ないました。

 東北に住む私たちにとって「灯油」は欠くことができない生活必需品です。

 その灯油が、今冬は1缶18リットルで2,000円に近づいており、本格的な需要期を前に消費者の不安は高まっています。

 灯油高騰の原因は、3年半以上も1バレル100ドル以上を維持し続ける原油高と、円安によるものです。灯油の1リットル当りの9月上旬の税込価格は、2012年91円、13年100円、14年108円と上昇しています。9月になって多少原油価格が下がっていますが、為替は1ドル107円と6年ぶりの円安ドル高のため相殺されています。

 原油の高値は、ガソリン、電気、ガス料金の値上げや資材高騰につながり、加えて急激な円安による原材料や飼料の高騰が、中小事業者や農林漁業者、事業再開をめざす被災企業の経営を圧迫しています。また消費者には、生活に必要な商品の値上げとなって押し寄せ、4月からの消費税増税による負担増もあり、家計は苦しくなっています。

 このままでは被災地はもちろんのこと、くらしや経営、地域経済に大きな影響があり、景気も回復しません。くらしや地域経済に悪影響を及ぼす燃料高騰に対し、国は至急対策を打つべきです。

要請行動参加者

東北経済産業局 資源・燃料課: 石森武博課長、鈴木清美課長補佐、村上健一総括係長
東北6県生協連 青森県生協連: 西田俊三事務局長
岩手県生協連: 吉田敏恵専務理事  いわて生協:小山田緑理事
山形県生協連: 大友廣和専務理事
宮城県生協連: 野崎和夫専務理事、加藤房子常務理事
福島県生協連: 佐藤一夫専務理事
みやぎ生協: 木村孝燃料事業所統括、赤松浩幸生活文化部課長
日本生協連: 住吉登、西野さかえ、前田昌宏

「家庭用灯油に関する要請書」はこちら

 
 
山形県生活協同組合連合会|〒990-2212山形市大字上柳67番1号
ホーム お問い合わせ