山形県生活協同組合連合会 お問い合わせ ホーム
県生協連の紹介 県生協連の活動 全員生協の概況と紹介 新着ニュース お知らせ リンク集 加入について
新着ニュース
 

平成28年度山形県・米沢市合同総合防災訓練行われる

県生協連は緊急支援物資搬入訓練に参加

 

 山形県と米沢市の合同総合防災訓練が平成28年10月23日(日)午前9時〜12時、米沢総合公園などで行われました。山形県、米沢市、その他の市町村、防災関係機関及び地域住民など75機関の関係者合わせて約1500人が参加し、災害時における防災活動の円滑化を期すとともに、関係機関相互の協力体制の強化を図り、あわせて地域住民の防災に対する理解と防災意識の高揚をはかりました。

 訓練は、10月23日午前9時、長井盆地西縁断層帯を麗源とするマグニチュード7.7と推定される地震が発生し、県内全域で震度5強以上を観測、中でも置賜地域では震度6強を記録。この地震により、置賜地域を中心に広い範囲で建物が倒壊し、相当数の死傷者が出たほか、路面の変状や電気通信水道ガス等のライフラインに甚大な被害が発生。なかでも米沢市では、前日まで降り続いた大雨による地盤の軟弱化と地震の影響により、4,000戸に及ぶ建物が倒壊し2,000人を超える市民が死傷したほか、同時に数箇所で土砂災害や火災が発生したとの想定で実施しました。

 開始式の後、災害対策本部の設置に続き情報収集訓練や、臨時災害放送局を開設しての広報を行いました。土砂災害救助訓練では多数の負傷者を関係機関が連携して救出・救護しドクターヘリで医療機関に搬送。電気・ガス・水道の応急復旧訓練。米沢市婦人防火指導員連合会と米沢市赤十字奉仕団による炊き出し。災害ボランティアセンターの設置及び運営。避難所の開設、避難者の誘導に続き、応急生活物資の搬入・搬出訓練が行われ、山形県生協連からの要請で、生活クラブやまがた生協の配送トラック2台が参加しました。

 避難所となっている米沢市弓道場に、生活クラブやまがた生協の野田透さんと2名の職員がトラック2台で避難所に駆けつけ、緊急支援物資を手渡しました。

米沢市の弓道場正面で支援物資を手渡しました。 生活クラブやまがたの野田透さんと2名の職員
 
 
山形県生活協同組合連合会|〒990-2212山形市大字上柳67番1号
ホーム お問い合わせ