山形県生活協同組合連合会 お問い合わせ ホーム
県生協連の紹介 県生協連の活動 全員生協の概況と紹介 新着ニュース お知らせ リンク集 加入について
お知らせ
 
年頭にあたって
 

庄内医療生活協同組合

理事長 佐藤 満雄

庄内医療生活協同組合 理事長 佐藤 満雄新年あけましておめでとうございます。

 今年はやまがた保健生協と庄内医療生協の組合員並びに理事会で協議を重ねた結果、4月を期して両生協が組織統合する年になります。社会保障改革、医療介護確保法など遂年法案が決定され、医療から介護へ、介護施設から在宅への方針で、呼称に反して、急性・療養病床が削減される方針になり、地域包括ケア体制の形成、地域連携が必須とされております。しかし軍事費、軍事研究、武器輸出などの増額は世界有数となり、経済政策が市場原理一辺倒で、社会保障費は削減されております。

 そのため住民の保険料や窓口負担金が増額されます。私たちの事業環境は人々の非正規雇用、格差拡大、高齢者世帯の増加など地域ケア力の劣化要因があり、介護職などの不足も深刻です。この状況を前向きに進めるためには、共同の輪をもっと広く強く確かなものにすることが求められます。

 また介護保険制度の予防事業の実施主体が県市町村に移行するため、身近な行政とのかかわりが密接になります。そのため地域に強く根付くことと一体的に、全県的な視野と連携が必要です。また医師養成確保は差し迫った最重要の課題で県、東北規模の連携が必要です。一人はみんなのために、みんなは一人のために、平和は最大の社会保障、組合員活動を確かに進める年に。そして組合員の皆様、役職員の皆様が健康で良い年でありますように祈念します。

 
 
山形県生活協同組合連合会|〒990-2212山形市大字上柳67番1号
ホーム お問い合わせ