山形県生活協同組合連合会 お問い合わせ ホーム
県生協連の紹介 県生協連の活動 全員生協の概況と紹介 新着ニュース お知らせ リンク集 加入について
お知らせ
 
新年のご挨拶
 

山形大学生活協同組合

専務理事 安部 芳晴

山形大学生活協同組合 専務理事 安部 芳晴謹賀新年、本年も宜しくお願い致します。

 山形大学生活協同組合は、昨年1月から中央労働者福祉協議会様の呼びかけに応じ、給付型奨学金の実現に向けた署名運動、奨学金を受けている方の意見募集の取り組みなどを実施いたしました。全国の大学生協もこの呼びかけに応じた署名運動と全国大学生活協同組合学生委員会が奨学金実現にむけてアピールを発表しています。夏の参議院選挙で初めて18歳選挙権が実施されました。大学生協でも食堂(学食)のテーブルに投票呼びかけの卓上POPを置くなどの運動を行いましたが、投票率は他の年代と比較して低い結果となりました。 11月には国民の多くが反対を表明するなかでTPP法案の採決が強行、また安保法制に関連した自衛隊の駆けつけ警護の実施が現実的となりました。さらに国民世論でも反対が過半数を超えるIR法案(カジノ法案含む)を審議時間も短い中で衆参両院で採決するなど、今の政府与党の動きは国民の意見を正しく反映しているとはとても思えません。

 大学の状況を見ても、学生や保護者、教職員の生活には更に厳しくなっています。学生の保護者の経済格差の拡大、大学の若手教員の有期雇用化、研究費の大幅な削減が進められています。

 こうした困難な状況を打開するには協同組合や諸団体との連帯で行うことが重要になります。 山形大学生活協同組合は今年も、皆様と連帯し、役職員が全力で組合員の生活や、山形大学への支援を続ける決意です。

 
 
山形県生活協同組合連合会|〒990-2212山形市大字上柳67番1号
ホーム お問い合わせ